【Appleボランチ】
Mac、iPhoneなど、アップルの製品情報や使用レポート、使い方メモ。

TAG | 無線LAN

メモ。

Appleの無線LANルーター「AirMac Express」を「AirMac Extreme」の拡張モードで使う場合、AirMacユーティリティにおいて〜Extremeの設定で「このネットワークの拡張を許可」にチェックが入っていないと機能しない上に、挙げ句「AirMacユーティリティ」からも姿を消して行方不明になってしまうので注意。

要するに、親機(Extreme)も子機(Express)も両方設定が必要ということ。

AirMac ユーティリティAirMacユーティリティ

自宅の引っ越しをして、事務所の目の前のアパートに住むようになったので、「もしかしたら」と会社の無線LAN ルーター「AirMac Extreme」に接続したら無事繋がった。電話機の子機も届く。これで自宅専用にネット環境も電話回線も用意する必要がなくなった!

とはいえ、多少電波が弱くなるのでAirMac Expressを〜Extremeのネットワークの拡張モードで使おうと設定してみたのでした。

AirMac ExpressをExtremeの拡張モードにしても、ちゃんとAirTunes機能(無線LAN経由でiTunesの楽曲をExpressのオーディオ端子/光出力から出力→コンポで再生)も使えます。Good !!

 


Mac/PC上のiTunesを無線でコンポへ接続。光出力あり。USB端子付きで、プリンターも無線化。製品レポート »

, , , , , ,

Macに標準で備わっている共有機能には便利なものがいろいろありますが、興味はありつつ今まで使ったことがなかったのが「インターネット共有」。

これは、インターネット回線が1つしかない場合にインターネットに繋がったMacをルーターのように機能させて、それ以外のMac/PC/iPhone等からもそのMac経由でインターネットに接続できるようにする機能。ルーターがなくても複数台の端末でネット回線を共有できます。

今回、MacBookが接続しているイーモバイル回線を、AirMac経由で別のMacBook(BootCamp上でWindowsXP稼働)とiPhone 3Gで共有してみました。

システム環境設定 > 共有

システム環境設定 > 共有

暗号化などセキュリティの設定

暗号化などセキュリティの設定

AirMac(無線LAN)のアイコンが矢印マークに変わる

AirMac(無線LAN)のアイコンが矢印マークに変わる

  1. システム環境設定 > 共有 を開き、インターネット共有をクリック。
  2. 右の「共有する接続経路」からイーモバイル回線を選択。
  3. 「相手のコンピュータが使用するポート」で、接続を許可する手段を選択。
  4. 右下の「AirMac オプション」をクリック
  5. ネットワーク名(SSID)やパスワード等を設定して「OK」をクリック。
  6. 左の「インターネット共有」にチェックをいれます(管理者パスワードを求められる)。

以上で、メニューバーの無線LANのインジケーターのアイコンが下のように変わり、コンピュータ名がSSIDとして自動的に割り当てられる(今回の場合、mbs)。

他の端末上から接続可能なSSIDを探すと、「mbs」が見えるので、通常どおり接続。

以上。

 

 

, , , , , ,

ずーっと気になっていたけど別メーカーの無線LANルータで間に合っていたので買えなかったアップルの無線LANルータ「AirMac Express」を、自宅用に購入しました。今使ってるBaffaroのAirStationは実家用に”お下がり”です。

AirMac Express

AirMac Express

製品ページ)
AirMac Express ベースステーション with AirTunes

この製品の何が良いか…それは、

光オーディオ出力が付いていて、iTunesで再生している音楽をWi-Fi無線経由でコンポから再生できる!

ということ。他にプリントサーバ機能もあります。

Mac/WinのiTunes
 ↓ (Wi-Fi無線)
AirMac Express
 ↓ (光オーディオケーブル)
コンポ

これによって、部屋の中のどこにいても(電波が届けばどの部屋でも)、良い音でコンポから音楽を流せるわけです。特に最近は、iPod/iPhoneで音楽を聞くためにCDからすべてリッピングしているので、Macが音楽貯蔵庫になっている。ところがMacBookなど特にノートパソコン内蔵のスピーカーは音がショボイのでまともに聞く気になれないわけです…ヘッドホンで聞く以外。

iTunesのウィンドウの右下に接続先の選択メニューが現れる

iTunesのウィンドウの右下に接続先の選択メニューが現れる

AirMacExpressの名前(SSID)が表示される。

AirMacExpressの名前(SSID)が表示される。

同様のことはアップルの「Apple TV」でもできるはずですが、製品としての成熟はまだまだこれからのような気がするのでパス。

手持ちのコンポは光オーディオ入力が付いていれば、メーカーや機種は何でもOKです、当然ながら。だからわざわざiPod用のスピーカーやiPod対応コンポに買い替える必要がないんです。

ちなみに自分が使っているコンポは、

  • アンプ:ONKYO FR-435
    〜幅はレギュラーサイズ(DVDレコーダー等と一緒)、厚さはスリムだけど大きめトランス積んでいて音は悪くない。CD/MD/AM/FM/アンプ内蔵。新婚当時に買ったやつ。
  • スピーカー:DIATONE DS-200Z
    〜大学時代にアルバイトして買った小型スピーカー。DIATONE=三菱。DIATONEといえば昔はスタジオのモニタースピーカーとしてNHKなどでも採用されていたもの。当時、CDプレーヤーの性能アップにともない、本来CDがもっている高音域再現性を高めた”デジタル対応”がうたわれ始めた製品の1つ。「DIGITAL REFERENCE」というキャッチコピーが添えられている。DIATONEの中でも一番安くて”学生でも買えるよ” 的な商品で、当時2本で72,000円ぐらいで購入。ユニットは2ウェイで、160mm + 25mm。バスレフポート付き。
  • コンプレッサー&リミッター:ALESIS 3630
    〜音のダイナミクスを圧縮して、深夜に映画を観る時に聞き取りやすくするために。よくある”ナイトモード”の原理と一緒だと思う。もとは音楽制作機材。音楽を聞くときはBYPASS。大学時代に中古で26,000円ぐらいで購入。
  • エキサイター,エンハンサー:BBE 462
    〜音の位相ズレなどを補正して音の粒を揃える。結果としてシャキっとした高音、締まった低音になる。音のステレオ感、定位がはっきりする。単なるイコライザーとは違う(ハズ)。 

実は最近、今まで使っていたDENONのミニシアターセットから戻したんだけれど、音楽聴くならやっぱこっちがいい。スピーカーの大きさもアンプの出力もグレードも違うから当然なんだけど。

次回、ルーター機能も含めてもうちょっと詳しく書こうかと思います。

, , , , , , , , , ,

11月/08

8

iPhone App「AirSharing」は良さそう。

今日久しぶりにiPhoneのアプリをいくつかダウンロードした。

「Google Earth」Google EarthのiPhone版。
「AirSharing」Mac/PCとファイル共有(データの持ち運び)を可能にするアプリ。有料。
「はてなtouch」はてなダイアリー/はてなブックマークをiPhoneから利用できる。 
「PHP GETter」あらかじめ自分で作成したPHPページに対してGETメソッドでコントロールできる。

■AirSharingがかなりイイ

まだあまり触ってないけれど、AirSharing (800円)はかなり良さそう。以前のハードディスク積んでた頃のiPodは「ディスクとして使用する」っていうオプションがあって、簡単にMac/PCの外付けハードディスクとしても使えたんだけど、フラッシュメモリになってからはそういう使い方が標準ではできなくなってしまった。

その機能が、このアプリによって復活します。

技術的にはWebDAVという技術を使っています。MobileMeのiDiskなどと同じですね。無線LAN経由で、ポート番号は8080を使います。

Macからアクセスするには、Finderの「移動」>「サーバへ接続」を開いて、
http://iphone.local:8080http://iPhone.local:8080…Pは大文字いや、やっぱり関係ない(汗)http://iphone.local:8080でOK。
または
http://192.168.0.3:8080
とiPhoneに割り当てられたLANの内部アドレスを指定します。

パスワードで保護する設定にしてある場合は、IDとPASSを聞いてきます。認証されると、デスクトップにiPhone 3G内のAirSharingのフォルダがマウントされます。

一度マウントしたら、キーボードのCommand + Option押しながらフォルダをドラッグ&ペーストして、エイリアスを作っておくと、次回からはそのエイリアスをダブルクリックするだけでマウントできます(ただしiPhone側でAirSharingを起動しておかないと接続できないのは残念)。

ちなみにSafariなどのWebブラウザのアドレスバーにhttp://iPhone.local:8080と入力すると、Web経由でフォルダ、ファイルを開く事ができます(つまりインデックス表示されます)。

■ビューアも付いている!

AirSharingは、ただ単にMac/PCにマウントしてデータを持ち運ぶだけでなく、代表的なファイルを閲覧する機能もあります。

対応フォーマットは下記のとおり。
Office(Word/Excel/PowerPoint)、SafariのWebアーカイブ、Webページ、PDF、HTML、RTF(リッチテキスト形式)、RTFD(画像が埋め込まれたTextEditドキュメント)、テキスト(Unicodeサポート付き)、ソースコード(C/C++/JavaScript/XML/PHP等多数)、ムービー(H.264/MPEG-4/3GPP/等)、オーディオ(MP3/AAC/AIFF/WAV/等)、画像(GIF/PNG/JPEG/TIFF/等)

FireworksでデザインしたWebデザインの元ファイルも(PNGベースなので)開いて、ピンチやダブルタップでズームイン/アウトもできます。もちろんiPhoneを横位置にすれば画面も回転します。これはかなりいい!

エクセルは日本語もOKです…値を入力して計算してくれたら完璧ですがね…それは高望みしすぎ。編集はできません。

またPHPのソースコードは色分けもしてくれます。

■転送時間を計ってみた。

厳密ではないけど目測で計ってみました。無線LANの環境は802.11g(54Mbps)。初代MacBook白(Core Duo 2.0GHz/メモリ2GB/HDD100GB 7200rpm)から、iPhone 3Gへ。

198項目の画像ファイル(JPEG)、サブフォルダ20個、計131MBのコピー、約4分26秒。約0.49MB/secですか。

次、2ファイルのムービーファイル(WMV)、計13.7MBのコピー、約15秒。約0.91MB/sec。
※WMVはビューアで見れません。 

まぁ急いでいる時に大量のデータは苛つくでしょうけどね(笑)、書きかけのメモや客にちょっと見せたい写真を何点か放り込んだり、帰り際に仕事のデータを家に持ち帰るためとか、便利だと思います。

, , , , , , , ,

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Find it!

Theme Design by devolux.org