【Appleボランチ】
Mac、iPhoneなど、アップルの製品情報や使用レポート、使い方メモ。

TAG | 写真

Automatorで、定期メール送信のiCalプラグインを調整しているうちに、なんか使えそうなワークフローの種ができたのでメモ。(ちなみにMacOS X 10.6 Snow Leopard のAutomator 2.1では「iCalプラグイン」として保存するオプションは無くなってますね…今頃気づきました。代わりに「アプリケーション」として保存)

Mac内蔵カメラで室内の写真(風景 / 物 / 人)を定期的に撮影してメール送信

Automatorを使って、MacBook内蔵カメラで定期的に撮影→メール送信の流れを自動化します。

防犯カメラ or 監視カメラ代わりに使えそう。室内の様子やお子さんの様子…あるいは不審者がいないか。。

(悪用はしないでね)

撮影はMacに付属するカメラアプリ『Photo Booth』で行われますが、サイズ設定ができずに、小さいサイズになってしまいます。ターミナルから変更できるだろうか。。。

Automatorの設定は画面のとおり。

Automatorの設定画面

  1. 『Photo Booth』で撮影する時にカウントダウンの音が再生されてしまうので、それをまずミュート。
  2. 新規メールを作成(Apple Mailが起動していない場合は自動で起動されます)
  3. カウントダウン後の撮影
  4. 撮影された写真をメールに添付
  5. メール送信

という流れです。これを「アプリケーション」として保存します。

次にMac標準のカレンダーアプリ『iCal』に新規イベントを作成します。

iCalの新規イベント作成画面

  1. 適当な日時に新規イベントを作成
  2. アラームの設定で「ファイルを開く」を選択
  3. 作成済みのアプリを選択。アラームを0分前に実行
  4. 繰り返しを「毎日」を選択
  5. 作成されたイベントを、1時間置きにコピー配置

以上の設定で、1時間おきに1日24回、365日カメラの画像が自動で送られます。

ちなみに外部カメラでもOKなようです。

 

, , ,

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Find it!

Theme Design by devolux.org