【Appleボランチ】
Mac、iPhoneなど、アップルの製品情報や使用レポート、使い方メモ。

CAT | Tips

昔のMacは、ヘッドホン端子にイヤフォン繋いでおけば、起動音はスピーカーからは出力されなかったと思うんですが、今使っている初代MacBookは、Intelマックのせいか、本体の主音量の設定に関わらず起動音がジャーンと鳴り響いてしまいます。

その起動音を調整してくれる便利なアプリ(というか、環境設定に入れる調整パネル)です。

StartupSound.prefPane

素晴らしい。即解決。
(つーか、3年半も未解決でほったらかしなんだから、ずいぶんとズボラな私です)

, ,

インストールしたのでメモ。

The Unarchiver

Maclzhファイルやその他多くの圧縮ファイルを解凍するためのアプリ。如何ほどのものか知りませんが、とりあえず入れてみました。
もちろん、何事もなくlzhファイルを解凍してくれます。

無料で使えます(寄付はもちろん歓迎でしょう)。 ちなみにオープンソースソフトウェアのようです。

 

, ,

Macに標準で備わっている共有機能には便利なものがいろいろありますが、興味はありつつ今まで使ったことがなかったのが「インターネット共有」。

これは、インターネット回線が1つしかない場合にインターネットに繋がったMacをルーターのように機能させて、それ以外のMac/PC/iPhone等からもそのMac経由でインターネットに接続できるようにする機能。ルーターがなくても複数台の端末でネット回線を共有できます。

今回、MacBookが接続しているイーモバイル回線を、AirMac経由で別のMacBook(BootCamp上でWindowsXP稼働)とiPhone 3Gで共有してみました。

システム環境設定 > 共有

システム環境設定 > 共有

暗号化などセキュリティの設定

暗号化などセキュリティの設定

AirMac(無線LAN)のアイコンが矢印マークに変わる

AirMac(無線LAN)のアイコンが矢印マークに変わる

  1. システム環境設定 > 共有 を開き、インターネット共有をクリック。
  2. 右の「共有する接続経路」からイーモバイル回線を選択。
  3. 「相手のコンピュータが使用するポート」で、接続を許可する手段を選択。
  4. 右下の「AirMac オプション」をクリック
  5. ネットワーク名(SSID)やパスワード等を設定して「OK」をクリック。
  6. 左の「インターネット共有」にチェックをいれます(管理者パスワードを求められる)。

以上で、メニューバーの無線LANのインジケーターのアイコンが下のように変わり、コンピュータ名がSSIDとして自動的に割り当てられる(今回の場合、mbs)。

他の端末上から接続可能なSSIDを探すと、「mbs」が見えるので、通常どおり接続。

以上。

 

 

, , , , , ,

諸事情により、イーモバイルを1ヶ月レンタルすることに。「ネットエイジ」にて5,580円/月。送料別途。機種は「D22HW」。速度は理論値が下り7.2Mbps、上り1.4Mbps。

http://www.netage.ne.jp/

PM4:00までにWeb上から申し込めば当日発送してくれます。午前中指定で、翌日の11:30頃手元に届きました。

DVDトールケースのようなコンパクトなパッケージ。USB延長ケーブル(約10センチ)も付属してます。

セットアップは至って簡単のようすで、端末をパソコン本体に差すと自動的にインストーラーが実行されるようです。が、しかし私の初代MacBookでは自動では起動せず、しかも手動でインストーラーアプリをダブルクリックするとクラッシュしました。よくみると、対応OSが「〜10.5」となっていました。

MacOS X 10.6(Snow Leopard)では、ユーティリティ(のインストーラー)アプリがクラッシュします。その場合は、マウントされた端末上のインストーラーアプリ「EMOBILE HW ユーティリティ.app」を右クリックして「パッケージの内容を表示」。

Contents > Resources の中の「EMOBILE_HW_Drv_App.pkg」をダブルクリックすればインストーラーが起動します。

インストール完了後、端末(D22HW)を差し直すと、Macの環境設定>ネットワーク設定に端末が現れます。しかし、設定が真っ白。

仕方なく、VMware Fusion上のWindows XP HomeにもセットアップしてWin上のユーティリティから接続先やパスワードを参照。

ネットワーク環境に戻って「HUAWEI Mobile」を選択して、電話番号、アカウント名、パスワードを設定して接続ボタンクリックで無事接続完了。

gooスピードテストで、Macからだと約1.9Mbps、VMware Fusion上のWindows XP Home で約760kbps。その他のスピードテストだともっと低い値。(飯田市八幡町にて)

実際の使用感は…たしかに普段は光回線に慣れてしまっているので「速い」とは言えませんが、Webをブラウズしたりする分には不満は感じません。100MBくらいある動画をダウンロードしながらYouTubeの映像を観ても、映像が止まることはありませんでした(まぁそのぶんDLには時間がかかったのかもしれませんが…)。

たまーに…1日2、3回ぐらい回線が切れるようです。でも、思いのほか安定してるなぁという印象。これは場所にもよるかもしれませんが。

イーモバイルの導入はかれこれ2年ぐらい?本気で検討して悩んでいましたが、稼働頻度が毎日ではない可能性(事務所、自宅、親戚の飲食店、Wi2mobile pointそれぞれのWi-Fiがあれば日常的には間に合う)と、実質的な速度は実用的なのか、iPhoneも持たないといけないことを考えるとコスト負担の面、等々で躊躇していました。

しかし客先でのプレゼンや、思い立ったら即ネット接続できることは行動範囲も広がるし行動レスポンスも上がると思います。今回、速度的にも十分期待できることが確認できたので、タイミングを見て正式導入するかもしれません(まぁ、仕事道具ですしね…)。あるいは、5,580円/月ならまたネットエイジでレンタルしてもいいかも。時間があったら、あちこち歩いて電波の入り具合を確かめたいと思います。

【追記 2009-11-29】

速度テスト:

■〒395-0151 飯田市北方476-1 「ココス 飯田インター店」
AM9:45頃 gooスピードテスト 0.33Mbps

※初日以外、結構この位の遅さです…初日に100MBダウンロードとか負荷かけすぎたかな。。。アカウント毎に速度制限がかかることとかあるのかな?

■〒395-0003 飯田市上郷別府 「南信スバル」付近
PM11:14頃 gooスピードテスト 1.48Mbps

※この位のスピードが出てるとWebを見るぶんにはストレスを感じないですね。昨日の午後同地点で計った時は0.21Mbpsという非常に低速でしたが、今日は快適。。

, , , , , , , , , , , ,

今更見つけた記事ですが、注目です。

MacBook / MacBook Pro、バッテリー抜きAC駆動では40%低速 engadget日本版(2008/11/20)

普通はないかと思いますが、バッテリーを抜いた状態でMacBook/Proを使うと、小さなACアダプターでも確実に稼働させるためにCPUの速度を落とすようです。

, , ,

1月/09

20

『プレビュー』ってすごい。

プレビュー.app

Leopard プレビュー.appの底力」 ザリガニが見ていた…。 (2009-1-15)

上記サイトで詳しく説明されています。ある程度は知っていたつもりだけど…こうやってまとめて見てみると『プレビュー』ってスゴい!

『プレビュー』とは、MacOS Xに標準でインストールされている、簡易画像ビューアソフトの名称。自分の場合は常にDockの先頭に『テキストエディタ』とともに置いてあって、サクッと見たい画像をとりあえず放り込んで確認するのです。10.5からは”Quick Look”という機能が付いて、わざわざアプリで開かなくてもデスクトップ上でファイル選択してスペースキーを押すだけで簡易表示できるようになったので出番は減った気がするけど、それでも便利!

あと、(OSレベルでPDFをサポートしているということもあるだろうけど)Webサイト上のPDFのリンクをクリックするとプレビューで開かれますね。

日常的によく使う、JPEG/GIF/PNG/PDF/PSD/AI/TIFF などが開けてほとんど不自由しない。

そしてさらに、「見る」だけじゃなくて、別のファイル形式に変換して保存できる。もうビューアではない。

それからこれが大事だけど、起動が一瞬で終わる。だから気軽に使える。

その上、上記サイトで解説されているように、かなりの編集ができる

あなどれないですよ!

, ,

Automator

Automatorでファイル名一括変更プラグインを作成

前に「Command + Shift + 3,4 の画面スナップショットのファイル名を日本語以外に変えたい。」と書いたけれど、とりあえずMacに付属してくる自動処理スクリプト作成ソフト「Automator」で半自動でファイル名を書き換えるプラグインをつくってみた…つくったという程のものじゃないけれど。。。

【実現すること】

画面のスクリーンショットを撮った後、スクリプトメニューから「スクリーンショット ja > en」というメニューを選択すると、デスクトップ上の

  • ピクチャ 1.png
  • ピクチャ 2.png
  • …..

というファイルを

  • 20081222_picture1.png
  • 20081222_picture2.png
  • …..

一括ファイル名変更してくれる。

【作成方法】

右のAutomatorの作成画面のように、左側のFinderの項目からドラッグ&ドロップで項目を並べ、画面のように設定。要は、

  1. デスクトップから「ピクチャ」という語句を含むファイルを検索
  2. 「ピクチャ(半角スペース)」→「picture」にテキストを置換
  3. 上で変更したファイル名に作成日を付加する
    (※サーバにアップした時に過去ファイルとバッティングしないように)

組み上がったら、ファイル>プラグインとして保存スクリプトメニュー を選択して、「スクリーンショット ja > en」(※名称は任意)として保存する。

もしメニューバーにスクリプトメニューが表示されていなければ、アプリケーション>AppleScript>AppleScript ユーティリティを起動して、「メニューバーにスクリプトメニューを表示」にチェックを入れる。

以上により、メニューバーのスクリプトメニューの中に、保存した「スクリーンショット ja > en」が現れる。

【実行方法】

  1. 画面のスクリーンショットを下記のいずれかのキーボードショートカットで撮る。
    • Command + Shift + 3 〜画面全域のスクリーンショット。
    • Command + Shift + 4 〜カーソル(カメラマーク)をドラッグすることで範囲を指定してスクリーンショット。
    • Command + Shift + 4 + Space 〜ウィンドウを選択してスクリーンショット。アルファチャンネル(透明)によるシャドウ付きのスナップショットが撮れる。
  2. メニューバーのスクリプトメニューから「スクリーンショット ja > en」を選択。
  3. ファイル名の変更完了。

以上で、デスクトップにて画像ファイル名を手作業で変更せずとも、即ブログのアップロード画面に移動してアップロード可能となります;-)

, , , , , , ,

Real VNC  with JAVA

ブラウザ経由でMac から Windows を画面共有

用事があって、自宅のMacから会社のWindowsに「画面共有.app」を使って接続しようとした。

接続は問題なくできるのだが、描画速度が遅すぎる。おそらく画面共有.appの色数がフルカラー固定なこと、MacからWinへの接続ということ、それからアプリ間の互換性も関係あるのかな。。。

嫁に相談すると(嫁はWindows使いでネットワークもそこそこ詳しい)、Real VNCサーバにJAVAアプレット版ビューワーでアクセスできるらしい。つまりはWebブラウザ経由でReal VNCサーバに接続する。ポートは標準のVNCと分けることができるので、使い分けることができる。

設定をいろいろ変更することもできるが、色数は256色(8bit)に固定されている。そのお陰か、どうにか遠隔作業ができるぐらいの速度は出る。

Real VNC JAVA

JAVAアプレットの設定画面(一部)

自宅も会社もBフレッツ光だが、画面共有.appからWindowsへの画面共有だと、1コマ描画するのに数秒間かかる。一方JAVAアプレット経由だとタララッと1秒もかからない…ローカルネットワーク内のようにはいかないけれど。

前回、自宅MacBookから実家iMacへ画面共有.appで接続して遠隔インストール作業をした時はもっと高速だったので、画面共有.appの性能の問題ではないと思う。

ということで、作業の内容にもよると思うけれど、MacからWindowsへインターネット経由で画面共有する際は、Real VNCのJAVAアプレットを使ってブラウザ経由が結構便利そうです。

, , , , ,

(【修正】タイトルの「過去イベント」から「過去」を取りました…過去だけじゃないし)

Mac標準のカレンダーアプリ「iCal」の今みつけたTips(もしかしてみんな知ってるのかな)。

過去に登録したイベントを編集したい時、現行バージョンのiCalではダブルクリックしてポップアップウィンドウが開いた後さらに「編集」ボタンをクリックして開かなければならず、すごく煩わしく感じていた。

 

iCal 

iCalのイベント編集

 

option + クリックで直接編集

option + クリックで直接編集

 

 

(いや、なにかキーボードショートカットがあるんじゃないか??)と思いあれこれ試したところ、

option + イベントをクリック

で、ポップアップウィンドウを開かずとも編集できます。

これならOK。

すみません、使い方が悪かったんですね。

, , ,

嫁が友人の話を聞いて、にわかに株のデイリートレードに興味を持った。自分も過去に少しやっていたが最近はまったくやっていない。けれど基本的なことや多少のノウハウはあるので話していたところ、ふと思い出して楽天証券のサイトにログインした。ブラウザが、というかMacが過去にログインした時のユーザー名とパスワードを覚えていたのでWebにはログインできたが、楽天証券の株取引専用ソフト「マーケットスピード」(Windows用)にログインしようと思っても、パスワードが思い出せない。手元にはちょうど資料がない。

ちょっと話がトーンダウンしてしまったのだけど、ふとMacに標準インストールされている「キーチェーンアクセス」というアプリケーションでパスワードを確認できるのではないか?と思い出し、起動してみたところ無事確認できた。

Key Chain

キーチェーンアクセス

Webサイトにはログインできた、ということはキーチェーンには保存されているはず(いや、サイトに最初にログインした時にキーチェーンにログイン情報を保存する選択をしたかもしれない…いずれにしてもキーチェーンに保存されていた)。

パスワードの確認方法は以下のとおり。

  • アプリケーション>ユーティリティ>キーチェーンアクセスを開く
  • 右上の検索窓に、そのパスワードに関連した語句を入れる(例えばWebサイトのドメイン名の一部)
  • リストに表示された項目をダブルクリックして開く
  • 画面左下の「パスワードを表示」をクリック →パスワードが表示される
  • ※途中で管理者権限のパスワードの入力を求められる

あらためて、キーチェーンって便利だな、と思ったのでした。

, ,

<< Latest posts

Older posts >>

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Find it!

Theme Design by devolux.org